エステティシャンとしての独立を考えている方へ、役立つ情報をお届けします。

エステサロンを開業する為の必要資格とは?

自分の力を試したいエステティシャンの方へ

エステティシャンとしての独立を決めた場合、どの形のお店を持ちたいと思うでしょうか? 街中で多くの人の目に留まる所へ事務所を借りるのか。 それとも費用などを省みて自宅開業の形をとるか。 どちらの形にしても、自分の力をしっかりと発揮できる場所を作りたいですね。

事務所を借りるか、自宅開業か?

企業などで経験を十分に積んで、これからもエステティシャンとしての仕事続けていきたいと思った時、独立を考えた事はありませんか。
雇われの身での出来る事はやりきった、そして自分の腕にも自信がある!という人にとって、新しい活躍の場のひとつではないかと思います。
そして、個人経営として成功すれば、高収入にも結び付いて殊更やりがいにも繋がっていく事でしょう。
ですが、オーナーになるとエステティシャンとしての腕だけではなく、営業や運営をしていく力も必要になってきます。
独立してからしばらくは、収入も不安定にもなるでしょう。
企業に所属していた時は担当の人がやっていた事も、独立をすれば自分でやっていかなければなりません。
こう書いてしまうと気落ちをするかもしれませんが、それでも自分の力を試したいと思う気持ちを大事に、ひとつひとつ必要な物事を進めていきましょう。
理想を形にしていく過程も楽しんでいけたらと思います。

では、独立をするにあたってどのような情報を身につけていけばいいでしょうか。
場所や道具の準備はもちろん、経費や場所、必要な届け出などなど。
初めてで不安な所もありますから、自分にとって必要な情報をひとつひとつゆっくりと理解していきましょう。
お客様にとって気持ちよく寛げる空間であり、自分の力を存分に発揮できる場所。
そんな、自分だけの理想のエステサロン作りが出来る様に、初めて経営を始める方へもわかりやすく、情報や知識を提供していきます。

準備を整える

お店を開く場所の確保にはじまり、エステ機器の維持やオイルなどの消耗品。 開業の形や、または提携する業者によってその必要額も左右されてきます。 また、必要な届け出や持つべき資格など、知っておいた方が良い事を説明していきます。 後から「調べておけばよかった」という事のないようにしていきたいですね。

宣伝をしていく

折角立派なお店を開業できたとしても、最初のうちは誰もあなたの事やお店の事も知りません。 たくさんの人に知ってもらうための集客法を知っていきましょう。 自分の理想とする月収はいくらなのか考え、知名度を徐々にあげて安定した収入を確保していけるようにしましょう。