道路周りの基礎知識

車を運転するにおいて、交通に関する知識や標識に関する知識は必ず
備えておかなければならないものとなっています。これらを知らない
状態で運転する事により、重大な事故に繋がってしまう事もあります。
例えば進入禁止の標識を見逃したり、標識の意味を知らずに通行して
しまうと車同士で正面衝突してしまう可能性が高いです。その様な事
故は、命を失う危険性がかなり高いので絶対に見逃したりしないよう
にしたいところです。道路を通行する時の知識としては、路面に直接
描かれている規制線の意味も知っておく必要があります。止まらなけ
ればいけない線や、追い越し禁止や追い抜き禁止の意味の違いも知っ
ておかなければなりません。追い越しというのは、前を走る車を車線
変更して追い抜き、その後に元の車線に戻る事を言います。追い抜き
は車線変更をせずに前の車を追い抜く事を良います。つまり、道幅が
広くなければ基本的には追い抜きをする事は出来ません。また、知識
としてガードレールの事も知っておかなければなりません。ガードレ
ールには一重の物と二重の物があります。この違いとしては、ガード
レールが無かったとした場合の危険性を示しており、二重になってい
る場所から仮に落ちれば間違いなく死亡事故になるという事です。