Author Archive

排水性舗装の特徴と性質

道路には、排水性舗装と透水性舗装があります。この2種類は、道路上
の水における処理の方法が異なります。前者は、水を一度しみこませて
からしかるべき施設に排水する方法です。後者は、水をしみこませるこ
とで排水する方法です。ここでは、排水性の舗装について述べます。使
用先は、おもに高速道路や、幹線道路です。その構造は、2層のアスフ
ァルトで構成されています。表面の舗装は浸透性のアスファルトで、そ
の下のアスファルトは浸透した水を排水設備に送る機能を持っています
。そのメリットは、車両の水はねの防止や、ハイドロプレーニング現象
が起きにくくなることです。水はねは、歩行者に迷惑になります。また、
損害賠償の請求にもつながりかねません。ハイドロプレーニング現象と
は、車輪が水の上を走行してしてしまうので、ハンドル操作が効かなく
なる状態です。原因は、道路の上に水が排出されないで水たまり状態に
なることで引き起こされます。よって、重大な事故につながります。ま
た、騒音を緩和する効果があります。排水性の舗装は、隙間が多いアス
ファルトを使用しているので、音や振動を吸収するからです。近年に多
発する、ゲリラ豪雨による大量の雨水の排出にも効果的です。

透水性舗装の特徴と性質

普通の道路は雨が降っても雨水が舗装には浸み込まないように
なっていて、道路脇流れるしくみになっています。縁石側が低
くなって積極的に、雨水などの水が道路脇の側溝にに流れるよ
うな構造になっていました。道路の真ん中は水が溜まらない構
造だという意味です。あまり雨が激しいと下水に流しきれなく
て排水溝があふれてしまう場所は皆さんの近所にも見かけるこ
とでしょう。
ところが幹線道路や高速道路は、表面を荒いアスファルトにし
て道路の表面に水が溜まらないようにしみこませ、その下の層
で道路脇には水を流し込む排水溝に向かって路面の水を排水す
るように作られています。これを排水性舗装といいます。
走行中の水はねが減るので走行しやすくなり、ハイドロブレーニ
ング現象の緩和にも役立ち安全走行を可能にしています。また、
タイヤと道路の走行音が拡散するので低騒音効果があるようです。
それに比べ透水性舗装は、舗装するアスファルトの成分が異なっ
ていて、透過すなわち、舗装素材の隙間から道路の舌の地中にど
こまでも浸透させてゆかせます。下水に流さないで地下水に流す
ので遊歩道や駐車場に使用されます。しかし、雨が降ると地盤が
ゆるむので幹線道路には適さないです。

排水性舗装と透水性舗装の違いとは

“排水性舗装とは、雨水を路面に滞水させることなく排水施設に排水
する舗装のことで、高速道路や幹線道路などで採用されています。
走行中のスリップや水しぶきによる視界不良、沿道への水ハネを防
いたり、車の走行騒音の低減に効果を発揮します。
多孔質のアスファルト混合物を表層・基層に用い、その下に不透水
性の遮断層が設けられています。これにより路盤以下は水が浸透で
きない構造となってます。
国内では、1980年代後半より採用され、急速に普及しているのが現
状です。
一方、透水性舗装は、路面の水を路盤以下に浸透させる舗装のこと
で、歩道や遊歩道、駐車場で採用されています。水をそのまま路盤
以下に浸透させるため、下水や河川の氾濫、地下水の涵養、水溜ま
り防止に効果があります。
雨水が地中に浸透・蒸発する際に路面の熱を奪い、舗装を冷却する
ことから気温を下げることができ、温暖化の緩和にもつながります。
現在は車道への導入が行われており、表層・基層にはポーラスアスフ
ァルト混合物が、路盤には瀝青安定処理混合物が使用されています。
透水性の舗装は、排水性よりも早い段階で作られはじめており、排水
性とは効果が異なるものの、人と環境にやさしい点では共通しています。

解説!水準点

水準点は、基本測量に用いる際の標高の基準となるものです。これは、
全国の国道および地方道などの道沿いに概ね2キロメートルごとに設置
されています。この地点を利用することで、土地の高さを正確に把握
することができます。これには、国土地理院が測量のために設置管理
するものと、地方公共団体が設置管理するものの大きく2種類あり、
全国にはおよそ22000か所に設置されています。この基準点の中心と
なるものは、東京都千代田区にある国会議事堂前庭園に設置されてい
ます。これには、いくつかの役割があります。まずは、国土の標高差
を正確に把握するということがあります。この数値を用いて、道路建
設や水道工事など様々な工事の際に、測量の基本値として使用されま
す。また、地盤沈下などを監視するということもあります。土地の高
さを確認できるため、前回測量時に比べ高さが下がっていると、その
地点の地盤が下がってきているということがわかるため、この計測値
を用いて地盤沈下の対策などを行うことができます。また、地震予測
などの防災にも使用されます。地震はプレートの沈み込みにより発生
するため、計測値を長期的に確認していくことで、地震の予測や研究
に活用されています。

解説!地点標

“地点表とは距離を表示するための標識です。主に国道に設置されて
いることが多く、1kmごとに設置されている場合キロメートル標、
100m毎に設置されている場合100メートル標といいます。国道の場合
道端に設置されており、その路線上の貴店からの距離を示します。こ
の地点標があるおかげで、例えば大きな目印がないような長い道路の
場合でも災害や事故が起こった際に警察や救急車に表記された文字を
告げれば簡単に位置が分かり、円滑な対応が可能となります。
ある基点からの距離を表記されており、主にルートマークと呼ばれる
国道番号がそれにあたります。近くに有名な主要地がある場合にはそ
の主要地からの距離を表記している場合もあり、他にも地先名や市町
村名などがあります。いずれにせよ事故や災害現場を通報する際の目
印となる他、目的地まで到達するまでの時間を予測することも可能で
す。国道では基点に向かっている場合を上り、逆に基点から遠ざかる
場合には下りと呼ばれ、上りの際には表記された数字が小さくなって
いき、下りの際には表記された数字が大きくなっていきます。主に事
故や災害時用に設置されたものではありますが、ドライバーが見知ら
ぬ土地を運転している際などに走行方向があっているかどうかの確認
にも活用することができます。

地点標と水準点の違いって?

地点標と水準点には、それぞれ違いがあります。前者は、国道に
設置された標識で、1キロメートルごとに設置されているキロポス
トと、100メートルごとに設置されている100メートル表の2つに分
けることができます。これには、通常は国道の番号とその国道から
の距離、地名などが記載されている場合が多くなっています。例え
ば、日本橋から10キロメートル地点などというような表記がされて
います。これには、いくつかの役割があります。まずは、走行車が
どの辺を走っているかの目印とすることができます。例えば、事故
が発生した場合にその場所がどこであるかを知ることができ、緊急
時に場所の連絡などに使用することができます。また、起点からの
キロ数が表示されているため、どちらの方向へ向かって走行してい
るかを把握することができるということもあります。一方の水準点
は、地図などを作成する場合の高度基準となるもので、2キロメート
ルおきに設置されています。これは、土地の変動などを調査すると
きに使用されます。長期にわたる計測が必要になってくるため、強
固な基盤の上に設置されているという特徴があります。これらの2
つの大きな違いは、前者が距離を示すもので、後者が高度を示すも
のということになります。

道路使用許可が必要なこういについて

道路使用許可とは、人や車が通行する道路本来が予定する目的の
一般的使用行為とは異なり、これ以外の目的で特別に使用する行
為に対して得る許可を言います。そして、この使用許可は道路交
通法77条に規定が置かれており、許可を得るにはその特別使用行
為を行う場所の管轄を行う警察署長に申請して審査を経る必要が
あります。具体的に使用許可が必要な行為については、同条1項1
号から4号に規定があり、まず1号では道路において工事若しくは
作業をしようとする行為が挙げられます。次の2号では道路に石碑
や銅像また広告板やアーチその他これらに類する工作物を設置す
る行為、そして3号では場所を移動しないで露店や屋台店その他こ
れに類する店を出そうとする行為があり、また4号では1号から3号
に挙げた行為以外で道路において祭礼行事やロケーション等をし
ようとする行為があります。更にその他の具体的な行為について
は各都道府県道路交通規制で定められています。そして、これら
の特別行為に対する使用許可は、あくまでも道路本来の使用目的
に対する例外ですので、公益上又は社会習慣上やむを得ないもの
で且つ交通に支障がないと認められたものに限り使用の許可がさ
れます。

道路の定義について

現在道路とされているところがたくさんありますが、この定義は
国道や都道府県道、そのほかに不特定多数の人が通行している実
態があるところを言います。また公道もこの中の含まれます。こ
れらは本来人や車が通行をする目的で造られた物です。従って催
し物をしたり工事や作業を行うために作られた物ではありません。
このように本来の決められた目的に沿って使うと言うことを一般
的使用行為といいます。そしてこれ以外の方法で使用する場合に
は、特別な使用行為と言うことになります。この際には使用許可
が必要となります。使用許可を認めてもらうためには、損徐行委
を行う場所を管轄している警察署長に申請を行って、審査の結果
許可されるという流れになっています。従って工事や作業を行っ
たり、広告板やアーチなどの工作物を設けようとした場合には使
用許可が必要になります。この他に移動しないで露店や屋台など
を出そうとする場合、祭礼行事やローケーションなどを行う場合
などについても使用許可が必要になります。この申請手続きをス
ムーズに行うためには、その場所を管轄する警察署に対してしっ
かりと説明を行い、あらかじめ時間に余裕を持って行うというこ
とが大切になります。

道路使用許可って何?

道路は多くの場合において日本では公共のものすなわち国が管理し
ているものとなっています。
そのために、個人単位で勝手に長期的に渡って使用することは基本
的には禁止されています。
しかし、やむを得なく道路を長期的に渡って使用しなければならな
いと言うことがあります。
その様な時には最寄りの役所などに申請をして正当な理由での使用
理由であれば許可をもらうことが出来るために、ある一定の期間内
は道路を個人単位で使うことが出来る様になっています。
また、その使用が許可される期間と言うものは事情によっては申請
をすれば延長することが出来るものであるために、多くの人々がこ
の制度を使用して個人単位で公共の道路を使用しています。
この使用願いと言うものは道路使用許可と言い、使用許可証と言う
ものが申請時に発行されるために、それらを所持または掲示してお
くことによって様々な法律をクリアすることが出来ることになります。
そのために、発行時に手渡される許可証は必ずその場にいる人が携
帯しておくまたは、その場に掲示をしておくことが必要であるとさ
れています。
また、この許可は多くの場合において無料で取ることが出来る様に
なっているために利用しやすい制度の一つとなっています。