解説!地点標

“地点表とは距離を表示するための標識です。主に国道に設置されて
いることが多く、1kmごとに設置されている場合キロメートル標、
100m毎に設置されている場合100メートル標といいます。国道の場合
道端に設置されており、その路線上の貴店からの距離を示します。こ
の地点標があるおかげで、例えば大きな目印がないような長い道路の
場合でも災害や事故が起こった際に警察や救急車に表記された文字を
告げれば簡単に位置が分かり、円滑な対応が可能となります。
ある基点からの距離を表記されており、主にルートマークと呼ばれる
国道番号がそれにあたります。近くに有名な主要地がある場合にはそ
の主要地からの距離を表記している場合もあり、他にも地先名や市町
村名などがあります。いずれにせよ事故や災害現場を通報する際の目
印となる他、目的地まで到達するまでの時間を予測することも可能で
す。国道では基点に向かっている場合を上り、逆に基点から遠ざかる
場合には下りと呼ばれ、上りの際には表記された数字が小さくなって
いき、下りの際には表記された数字が大きくなっていきます。主に事
故や災害時用に設置されたものではありますが、ドライバーが見知ら
ぬ土地を運転している際などに走行方向があっているかどうかの確認
にも活用することができます。

Comments are closed.