地点標と水準点の違いって?

地点標と水準点には、それぞれ違いがあります。前者は、国道に
設置された標識で、1キロメートルごとに設置されているキロポス
トと、100メートルごとに設置されている100メートル表の2つに分
けることができます。これには、通常は国道の番号とその国道から
の距離、地名などが記載されている場合が多くなっています。例え
ば、日本橋から10キロメートル地点などというような表記がされて
います。これには、いくつかの役割があります。まずは、走行車が
どの辺を走っているかの目印とすることができます。例えば、事故
が発生した場合にその場所がどこであるかを知ることができ、緊急
時に場所の連絡などに使用することができます。また、起点からの
キロ数が表示されているため、どちらの方向へ向かって走行してい
るかを把握することができるということもあります。一方の水準点
は、地図などを作成する場合の高度基準となるもので、2キロメート
ルおきに設置されています。これは、土地の変動などを調査すると
きに使用されます。長期にわたる計測が必要になってくるため、強
固な基盤の上に設置されているという特徴があります。これらの2
つの大きな違いは、前者が距離を示すもので、後者が高度を示すも
のということになります。

Comments are closed.