道路の定義について

現在道路とされているところがたくさんありますが、この定義は
国道や都道府県道、そのほかに不特定多数の人が通行している実
態があるところを言います。また公道もこの中の含まれます。こ
れらは本来人や車が通行をする目的で造られた物です。従って催
し物をしたり工事や作業を行うために作られた物ではありません。
このように本来の決められた目的に沿って使うと言うことを一般
的使用行為といいます。そしてこれ以外の方法で使用する場合に
は、特別な使用行為と言うことになります。この際には使用許可
が必要となります。使用許可を認めてもらうためには、損徐行委
を行う場所を管轄している警察署長に申請を行って、審査の結果
許可されるという流れになっています。従って工事や作業を行っ
たり、広告板やアーチなどの工作物を設けようとした場合には使
用許可が必要になります。この他に移動しないで露店や屋台など
を出そうとする場合、祭礼行事やローケーションなどを行う場合
などについても使用許可が必要になります。この申請手続きをス
ムーズに行うためには、その場所を管轄する警察署に対してしっ
かりと説明を行い、あらかじめ時間に余裕を持って行うというこ
とが大切になります。

Comments are closed.