道路使用許可が必要なこういについて

道路使用許可とは、人や車が通行する道路本来が予定する目的の
一般的使用行為とは異なり、これ以外の目的で特別に使用する行
為に対して得る許可を言います。そして、この使用許可は道路交
通法77条に規定が置かれており、許可を得るにはその特別使用行
為を行う場所の管轄を行う警察署長に申請して審査を経る必要が
あります。具体的に使用許可が必要な行為については、同条1項1
号から4号に規定があり、まず1号では道路において工事若しくは
作業をしようとする行為が挙げられます。次の2号では道路に石碑
や銅像また広告板やアーチその他これらに類する工作物を設置す
る行為、そして3号では場所を移動しないで露店や屋台店その他こ
れに類する店を出そうとする行為があり、また4号では1号から3号
に挙げた行為以外で道路において祭礼行事やロケーション等をし
ようとする行為があります。更にその他の具体的な行為について
は各都道府県道路交通規制で定められています。そして、これら
の特別行為に対する使用許可は、あくまでも道路本来の使用目的
に対する例外ですので、公益上又は社会習慣上やむを得ないもの
で且つ交通に支障がないと認められたものに限り使用の許可がさ
れます。

Comments are closed.