エステティシャンとしての独立を考えている方へ、役立つ情報をお届けします。

エステサロンを開業する為の必要資格とは?

自分の力を試したいエステティシャンの方へ

テナントを借りての開業

独立した店舗を構える事に、メリットはいくつかあります。
・自分で決めたターゲットにしぼって物件を決めれば、集客力が高くなり安定しやすい
・飛び込み予約が多く見込める
・オープンしたてでも信用が得やすい
また、看板も堂々と出す事ができ、人通りの多い所に構える事ができるため、集客面で有利という点が大きなメリットと言えるでしょう。
しかし、当然デメリットもあり、一番ネックといえるのはその費用です。
初期費用だけでも、自宅サロンのおよそ2~3倍程の違いがあります。
開業後も賃料や光熱費、維持費などが発生しますから、いかに集客を見込めるかによって運営が左右されてしまいます。
開業資金に悩んだ場合は、融資も検討していく事も考えることになります。

自宅開業

自宅で開業をする事のメリットは、
・少ない費用での開業が出来る
・失敗した場合のリスクが少ない
・好きな時間帯とスタイルで運営ができる
といった点があげられます。
一番のメリットはやはりその費用面と言えるでしょう。
賃貸マンションの一室を借りて開業する人も多くいますが、自宅であれば家賃は0円になります。
開業資金としてはおよそ50~100万円が必要だと言われています。
内装も出せる費用の中で自分好みにこだわる事もでき、また自分ひとりで行うのであれば運営の時間帯や日にちも自由な所も魅力と言えるでしょう。
デメリットは開業してからの集客は安定せず、広い宣伝が必要になります。
そして、費用面を見ても手ごろに開業ができるという事は、競争も激しくなると言えます。
コンセプトをしっかりと決め、お客様と過ごす時間の中であなたというエステティシャンに魅力を感じてもらえるように工夫をしていきましょう。


この記事をシェアする