排水性舗装の特徴と性質

道路には、排水性舗装と透水性舗装があります。この2種類は、道路上
の水における処理の方法が異なります。前者は、水を一度しみこませて
からしかるべき施設に排水する方法です。後者は、水をしみこませるこ
とで排水する方法です。ここでは、排水性の舗装について述べます。使
用先は、おもに高速道路や、幹線道路です。その構造は、2層のアスフ
ァルトで構成されています。表面の舗装は浸透性のアスファルトで、そ
の下のアスファルトは浸透した水を排水設備に送る機能を持っています
。そのメリットは、車両の水はねの防止や、ハイドロプレーニング現象
が起きにくくなることです。水はねは、歩行者に迷惑になります。また、
損害賠償の請求にもつながりかねません。ハイドロプレーニング現象と
は、車輪が水の上を走行してしてしまうので、ハンドル操作が効かなく
なる状態です。原因は、道路の上に水が排出されないで水たまり状態に
なることで引き起こされます。よって、重大な事故につながります。ま
た、騒音を緩和する効果があります。排水性の舗装は、隙間が多いアス
ファルトを使用しているので、音や振動を吸収するからです。近年に多
発する、ゲリラ豪雨による大量の雨水の排出にも効果的です。

Comments are closed.