透水性舗装の特徴と性質

普通の道路は雨が降っても雨水が舗装には浸み込まないように
なっていて、道路脇流れるしくみになっています。縁石側が低
くなって積極的に、雨水などの水が道路脇の側溝にに流れるよ
うな構造になっていました。道路の真ん中は水が溜まらない構
造だという意味です。あまり雨が激しいと下水に流しきれなく
て排水溝があふれてしまう場所は皆さんの近所にも見かけるこ
とでしょう。
ところが幹線道路や高速道路は、表面を荒いアスファルトにし
て道路の表面に水が溜まらないようにしみこませ、その下の層
で道路脇には水を流し込む排水溝に向かって路面の水を排水す
るように作られています。これを排水性舗装といいます。
走行中の水はねが減るので走行しやすくなり、ハイドロブレーニ
ング現象の緩和にも役立ち安全走行を可能にしています。また、
タイヤと道路の走行音が拡散するので低騒音効果があるようです。
それに比べ透水性舗装は、舗装するアスファルトの成分が異なっ
ていて、透過すなわち、舗装素材の隙間から道路の舌の地中にど
こまでも浸透させてゆかせます。下水に流さないで地下水に流す
ので遊歩道や駐車場に使用されます。しかし、雨が降ると地盤が
ゆるむので幹線道路には適さないです。

Comments are closed.